「住めば都」

私の住むマンションは、とてものどかな場所にあります。
場所的にはけして田舎ではないはずなのですが、なぜか前は林、隣は畑、その隣は農家。
スーパーは一軒だけ、ファーストフードは歩いて15分くらいしないとたどり着かない。
そのマンションに越してきて、早朝初めてゴミを捨てるとき、手前の林が大儀そうに風に揺らぐのをみてトトロの世界かと思いました。
近所の商業施設はスーパーしかなく、とりあえず駅だけは近いので電車で都会に出るしかない。
なんというところに、引っ越してきたんだろう。
野中の一軒家のごとくポツンと佇むノッポなマンションを見上げて、ため息しか出なかった。
住んで二年になります。
朝ゴミ捨てに出ると、ひんやりした綺麗な空気に息をのみ、青々と揺らぐ木々はいつまでも見飽きない。
道路なのにほとんど車が通らず、通るのは少ない住民とリアカーくらい。
雪の日にうろついていると、知らないおばさんに「綺麗ですよね」と声をかけられて、微笑み合った。
「住めば都」
偉人はいい言葉をつくるなあと、思った次第です。